ドイツ 「小京都」での 日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 私が見た引越し物件 最後に決めました!

<<   作成日時 : 2015/09/15 02:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ランキングに参加しています。更新の励みになりますので
クリックしていただけると、嬉しいです。 



←FC2ランキング


年を越して物件見てきましたが、夫が3週間日本へ帰ったので、しばらく休憩していました。

その間も私はネットや新聞で、物件を探していましたが、上限500ユーロだと、あまりいい物件ないようです。

町の中心で、2階部分、バスタブがついていて窓のある浴室、ベランダ、3〜4部屋、ガレージもしくは駐車スペースあり、で上限なしで探すと、色々出てきました。600ユーロ以上しても90平米なかったり、高い割に狭いところも多いです。安いといころは、古い建物で間取りが悪い。1部屋が大きかったり、メゾネットタイプで2階ブラス屋根裏というところ。


夫が戻ってきて、「冬の間は引っ越すの嫌だ」というけど、どっちにしろ、3ヶ月前に今の住居の契約解除しないといけないので、この調子だと早くでも5月半ばになりそうです。

夫の娘が2012年9月に出産し、子供を連れて遊びに来ましたが、車のチャイルドシートがないので、家まで来れないので、駅の近くの喫茶店出会うことになりました。

その時に、「じゃあ、駅の近くに住居探すね」と約束したので、駅の近くで検索したら、見つかったのが今の住居です。

駅の正面にある大きな家、125平米で3部屋、台所、バスルーム、ゲスト用トイレ、あとの3部屋、ベランダ、庭も使用可能。

ネットで見つけて、翌朝電話して、すぐに見に行く約束しました。

駅前はバスターミナルの工事中で、家の前の道路も工事中の状態でした。


画像



床は板張り、1つ1つの部屋が広く、明るい。奥の出窓から見える赤いレンガの建物が駅です。

線路は駅の裏なので、音は気になりません。だた、ちょうど駅前のバス乗り場が現在工事中でうるさかった。


画像


大きな部屋が2つ、居間と食堂になります。正直言って2人でこんな広いところ必要ないのですが、狭いところより広い方がいいし、駅の近くというのも便利です。



とりあえず、ここに入居希望ということで話を進めていますが、不動産屋が今日から休暇でイタリアに行くので話は戻ってきてから。だってさ〜 ドイツ人って休暇の方が仕事より優先されますからね。



一応、大家さんには、「希望者がいるので、他の人には見せないように」と断っているそうですが、どうなることやら。。


見に行ったのが4月で、ちょっとハッタリかまして、「5月1日から入居可能です」と言ったら、「まだ改装工事が終わっていないので、6月から入居可能です。」と言われました。

今の住居を不動産屋が休暇から戻ってきてから解約するとしても、7月末まで家賃は払わないといけませんが、周旋料が無料なので、これがありがたい。普通1月分の家賃が周旋料としてとられるので、2ヶ月ぐらいダブってもいいと思いました。

というのは、夫は7月にもまた日本へ飛ぶ用事があるから、引越しの準備二時間かかるんです。



もし、ここがダメなら、翌日見に行ったところもよかったですが、ここより狭くて、家賃が100ユーロ近く高いので、ちょっと高すぎます。


画像


音楽大学の向かい、水路の反対側にある家で、1階部分は診療所、裏から見たところです。

2階バルコニーに絡まっているのはなに?

見に行ったときは葉がついていなかったので、わかりませんでした。

共有部分の家の中がもうお城みたいに豪華でしたよ。

ふかふかの絨毯が敷いてある階段、その階段の壁にかかっている絵やシャンデリア、天井も高いし、建物のつくりがしっかりして、お金かかってるな〜

住居の方はあんまり手入れされていませんでしたが、お風呂が明るくてよかった。あと窓がないゲスト用のトイレとシャワー室、これは私たちには必要ない。物置になりそうな部屋でした。

家の裏のバルコニーから家が見えたので尋ねたら、昔の馬車小屋で、馬も飼っていたとか。馬小屋にはみえない。日本の兎小屋より大きくて豪華です。


こんなとこに住めたらいいな〜


馬小屋じゃないよ(笑)


ポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←にほんブログ村



Yahoo!ブックマークに登録
個人のページランキング

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私が見た引越し物件 最後に決めました!  ドイツ 「小京都」での 日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる