アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ドイツ 「小京都」での 日常
ブログ紹介
ドイツ 田舎 城下町から、オペラ、音楽、自然、料理、健康などの 日常生活 の情報をお届けします。
zoom RSS

ドラマ『カルテット』最終話を予想してみた

2017/03/04 20:15
会t外在住の日本人の楽しみの1つに、日本の動画を見ることだと思います。

私もネットにアップされている日本のバラエティ番組やドラマを見ています。ドイツのテレビはほとんどみていないくだいです。



ランキングに参加しています。更新の励みになりますので
クリックしていただけると、嬉しいです。 



←FC2ランキング


今みているのは、バラエティでは「開運、なんでも鑑定団」これは日本にいる頃から見ていました。偽物とか本物より、その鑑定品の説明が勉強になります。

あと「プレバト」この俳句の先生がいいですね〜書き直された作品、いつもすばらしいです。

他は興味がある回でみるのが「世界ふしぎ発見」「美の巨人たち」「徹子の部屋」「サワコの朝」などです。

そして、今みているドラマは、「妖精の守り人」と「カルテット」

「妖精の守り人」原作は読んでいませんが、以前からこういうファンタジー好きなんですよ。中学の頃バローズの『火星シリーズ』読んでいましたからね〜

「カルテット」は夫のお勧めでした。
夫は日本のドラマ、色々見ているので、今季のドラマでどれが面白いか尋ねたら、「カルテット」を教えてくれました。

私が住んでいるドイツの町にも音楽大学あるので、音楽関連には興味あります。
が、内容はラブサスペンス?
ネットでも色々話題になっているので、私も最終話を予想してみました。


まず、ネットでも話題になっていましたが、時間軸がずれている問題です。

私もちょっと違和感感じるところありました。
6話で、別府さんが倉庫に閉じ込められたところ、普通、倉庫に閉じ込められるというのは会社の就業時間でしょう。それが家森さんと電話で話した時、森の中が明るい。そして「怒ってるでしょう?」というのも、なにかその前にあったのか?

7話で家森さんが鮭茶漬け食べながら、2人が帰ってこないことを不思議がるのも、別府さんが倉庫に閉じ込められているのを知っているはずなのに・・・




さて、余談になるけど、このドラマは、音楽を勉強してプロの音楽家を目指している人にとって、かなり厳しい現実を突きつけられている内容だと思います。

私が住んでいるドイツの町には音楽大学があって、日本からの留学生もいます。日本で音楽大学卒業しても、全員が音楽にかかわる仕事に就くことはできないでしょう。これは、もちろん他の職業でも同じだと思いますが、普通ならここで他の職につく人も多いでしょう。

中には、音大卒業後、ドイツに留学する人もいます。続けて勉強するのですから、プロを目指している人たちでしょう。卒業後ドイツで就職できるか?これもほんの一握りの人達です。現実は努力しても叶えられない夢があります。


『カルテット』のメンバーが全員30代で、マキさん以外はプロの経験がありません。
第一話で「余命9ヶ月のピアニスト」とウソをついてついてまで音楽活動を続けることを「アリとキリギリス」に例えていたけれと、かつての家族写真と現在の一人暮らしの状況。夢を追い続けること困難さや現実が見えてきます。

同じぐらいピアノが弾けたら、見た目がいいとかなにか特長がある方が有利ですからね。5話で衣装つけて演奏する仕事ありましたが、クラシック音楽業界の現状でしょうか?

ドイツのオーケストラもお客さんが呼べるプログラムとして映画音楽特集とかやっていますね。



夢を叶えるために、時間を巻き戻したい、という想いは誰にでもあるのでは?
『カルテット』の中で語られる言葉には、それが暗示されているような気がします。


ネットでは色々な方がドラマの感想や今後の予想そしているので、私も最終話の予想をしてみました。

まず、嘘つきはだれか?
これは、「カルテット」が偶然結成された、というのが、まず嘘ですよね。
偶然カラオケボックスで出会ったシーンはありますが、その後一緒にカルテットを組もうという話が抜けています。たぶんこのシーンは最終回に持ち越されるのでしょう。

別府さんはずっとマキさんに片思いだったので、ストーカーしていた。
家森さんは、マキさんの夫さんと入院中に知り合い、マキさんからお金を借りよう(ゆすり?)と思っていたので、後をつけていた。

この2人だけでは「カルテット」できないので、どうしてももう1人、チェリストが必要となります。すすめさんをスカウトしたのは、マキさんの夫さんのお母さん。

ここが大きな嘘の1つですね。マキさんと友達になる人を探すなら、なにもチェリストである必要ないでしょう?なぜ、チェリストを選んだか?ここに他の人の思惑が絡んでいるのでしょう。
それは誰か?

ずはり、別府さん。

なぜなら、カルテットの練習場所である軽井沢の別荘を提供できるし、車もある。
マキさんにずっと片思いしている。

が、3年前にマキさんの結婚式でその恋は破れています。
なぜ3年経ってからマキさんと偶然を装い出会い、カルテットを組んだのか?
夫さんの失踪を知ったから?
なぜ、それを知ったか?

マキさんをストーカーしていたとしたら、その事実はいずれ分かるでしょう、
もしかしたら、夫さんのお母さんとも知り合いになって、頼まれたのかもしれない。
そこでカルテットを組むことを思いついた。

と、したら、辻褄合うでしょう?

あと、ネットの情報では、出演者の名前の表記に、別府さんの名前が他の3人と離れている、というのがありました。

他の3人、『トリオ』になりますね。

別府さんは世界的に有名な音楽ファミリーの一員です。
本人が希望したら、コネでプロの音楽家になることも(ドラマだから)できるでしょう。
ドーナツ会社に勤める前は結婚式場に勤めていたらしいので、今後も転職する可能性ありますね。

私の想像では、
別府さんになんらかの事情があって、これ以上マキさんのストーカーができない。
なので、強引に『カルテット』を組んで知り合ったけど、これも一時的で、彼は続けることができない。

しかし、残りの3人は、第2ヴァイオリンなしで「トリオ」として活動を続ける。
『カルテット』は、その思い出、過去の話ではないか?


皆さんいかがでしょうか?

「全員片思い」、第一話で、家森さんがすずめさんの寝顔を見て、なにか過去にあったのでは?という含みを感じました。
これも「行間」で、本当に好きな人には好きと言えない。ところでしょう。

来週8話、片思いの方でどんな進展があるか楽しみです。

※ あくまでも私個人の感想、予想です。




ポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←にほんブログ村



Yahoo!ブックマークに登録
記事へトラックバック / コメント


2017年 紅白見ながら新年会

2017/01/20 21:01
毎年恒例行事として、紅白見ながら各自持ち寄り料理で新年会があります。

海外向けに日本のテレビ放送を衛星で提供している会社があり、契約している友人が毎年録画してくれて、皆の都合のいい日を選んで開催してくれます。

できるだけ多くに人が集まれる日を探すのがいつも大変ですが、今年もほぼ全員参加で、楽しかったです。


ランキングに参加しています。更新の励みになりますので
クリックしていただけると、嬉しいです。 



←FC2ランキング




ポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←にほんブログ村


今年のお節、年末年始を日本に里帰りしていた友人が作ってくれました。

画像



中には紅白なます、スモークサーモのマリネ、ごまめ、黒豆、白豆、薩摩芋の甘煮など、他にも数の子、鶏の炊き込みご飯、おにぎり、お雑煮、大きなスクリーンで紅白を見ながら、そこにも日本の甘いものが一杯!

私は、オレンジソースで、白身魚と鶏ささ身を持って行きました。
私より後から来た人もいて、ローストビープ、かぶの千枚漬け、卯の花(おからパウダーがあるらしい)、ぜんざい、ハムとクリームチーズのサラダ、チーズパン、プリン、と盛りだくさん、もちろん、全て手作りです。

お料理上手な友人たちの力作!
日本ではきっと簡単に手に入るものを、いろいろと工夫して作っているのが、素晴らしいですね。ほんとに美味しくて、大満足!


たくさん食べたにも関わらず、プリンやぜんざいなどデザートは別腹で入るところが違いますね。

日本にいる時より、紅白も見ているし、皆でNHKから表彰されてもいいね〜と言っていました。

美味しいい食事と楽しい時間、いつも友人たちに感謝です。


後日、上海に引っ越した友人にも集合写真を送ったら、あちらでも紅白見る会があるそうで、紅白を見た後に、カラオケで見た曲を歌うそうです。

これも楽しそうですね。

日本に住んでいたら、こんなことしないかな?
海外在住者の楽しみかもしれません。




Yahoo!ブックマークに登録
記事へトラックバック / コメント


ダイエット時にはサプリメントで栄養を補いましょう!

2017/01/09 07:49
例年、1月お正月過ぎたら、ダイエットを始めています。
そう、クリスマスから年末年始の暴飲暴食のツケを解消するためです。

ランキングに参加しています。更新の励みになりますので
クリックしていただけると、嬉しいです。 



←FC2ランキング


昨年やっていのが、ヨーグルトプチダイエット。
これは週末2日間だけなので、無理なくできます。


ポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←にほんブログ村


やり方は、簡単です。
1日目朝昼晩と2日目朝昼
1食あたり、ヨーグルト100グラクと野菜ジュースか豆乳を200〜400ml
その他に自由なタイミングで炭酸水約300mlにレモン汁を加えたものを、1日合計1.5〜2リットル飲む。

2日目晩、3日目朝
おかゆえお茶碗一膳と具なし味噌汁1杯。

3日目の昼から普通に食べる。

これを始めの3ヶ月は月に2回。
その後は月に1回。

ね。簡単でしょう?


でも、これだけだと、栄養素が足りないので、私は天然素材の酵素サプリメントも一緒に摂っています。

画像



今年こそ、健康に痩せたいですね。

Yahoo!ブックマークに登録
記事へトラックバック / コメント


2017年、本年もよろしくお願いします。

2017/01/05 23:43
こちらのブログ、かなり放置していましたが、今年は少し記事アップしていこうと思います。

2017年、ちょっと遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。更新の励みになりますので
クリックしていただけると、嬉しいです。 



←FC2ランキング

画像



昨年は春に母と地中海クルーズに行ってきました。
母が福岡からドイツへ飛ぶ前に熊本で地震があったので心配でしたが、一人で無事ドイツまで(航空会社の付き添い頼みました)来ることができました。
クルーズは昔からの夢でとても楽しかったと母も喜んでくれたので、来年もまた一緒に行こうと計画しています。日本からの団体さんもいて、普通の海外旅行より安くて楽かもしれません。

クルーズの内容は他ブログで記事にしています。

http://ameblo.jp/marina5055/theme3-10096182378.html

そして、例年通り5月に日本へ帰り6月にドイツに戻りましたが、6月末に町を歩いている時に目眩を起こして意識喪失して倒れました。前歯が折れて血が流れたので周りの人が救急車を呼んでくれ、病院に搬送されました。左手の薬指と小指の第二関節も脱臼骨折していました。石畳の歩道に倒れたのですが丈夫な前歯のおかげで鼻とか顎の
骨も折れず、かすり傷と打ち身程度でしたが、目眩の原因を検査するために入院となり
病室が満室ということで、廊下におかれたベット。

25年前に心臓中隔欠損症の手術をしているということで、長時間心電図をつけて寝ました。目眩の原因が徐脈(1分間に30回)ということで、翌日ペースメーカーを埋め込まれました。おかげで現在は目眩を起こすこともなくなり、元気です。

こちらも他ブログに記事にしています。

http://ameblo.jp/marina5055/theme-10098115473.html


自分ではまだ若いと思っていましたが・・・
昨年ドイツ在住の友人が2人乳がんの手術を受けています。他にも突然亡くなられた方もいて、異国で病気になることやお葬式のことを考えさせられる年になりました。


2017年が皆さまにとって健康でよいお年になることをお祈りしています。

ポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←にほんブログ村



Yahoo!ブックマークに登録
記事へトラックバック / コメント


私が見た引越し物件 最後に決めました!

2015/09/15 02:51
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので
クリックしていただけると、嬉しいです。 



←FC2ランキング


年を越して物件見てきましたが、夫が3週間日本へ帰ったので、しばらく休憩していました。

その間も私はネットや新聞で、物件を探していましたが、上限500ユーロだと、あまりいい物件ないようです。

町の中心で、2階部分、バスタブがついていて窓のある浴室、ベランダ、3〜4部屋、ガレージもしくは駐車スペースあり、で上限なしで探すと、色々出てきました。600ユーロ以上しても90平米なかったり、高い割に狭いところも多いです。安いといころは、古い建物で間取りが悪い。1部屋が大きかったり、メゾネットタイプで2階ブラス屋根裏というところ。


夫が戻ってきて、「冬の間は引っ越すの嫌だ」というけど、どっちにしろ、3ヶ月前に今の住居の契約解除しないといけないので、この調子だと早くでも5月半ばになりそうです。

夫の娘が2012年9月に出産し、子供を連れて遊びに来ましたが、車のチャイルドシートがないので、家まで来れないので、駅の近くの喫茶店出会うことになりました。

その時に、「じゃあ、駅の近くに住居探すね」と約束したので、駅の近くで検索したら、見つかったのが今の住居です。

駅の正面にある大きな家、125平米で3部屋、台所、バスルーム、ゲスト用トイレ、あとの3部屋、ベランダ、庭も使用可能。

ネットで見つけて、翌朝電話して、すぐに見に行く約束しました。

駅前はバスターミナルの工事中で、家の前の道路も工事中の状態でした。


画像



床は板張り、1つ1つの部屋が広く、明るい。奥の出窓から見える赤いレンガの建物が駅です。

線路は駅の裏なので、音は気になりません。だた、ちょうど駅前のバス乗り場が現在工事中でうるさかった。


画像


大きな部屋が2つ、居間と食堂になります。正直言って2人でこんな広いところ必要ないのですが、狭いところより広い方がいいし、駅の近くというのも便利です。



とりあえず、ここに入居希望ということで話を進めていますが、不動産屋が今日から休暇でイタリアに行くので話は戻ってきてから。だってさ〜 ドイツ人って休暇の方が仕事より優先されますからね。



一応、大家さんには、「希望者がいるので、他の人には見せないように」と断っているそうですが、どうなることやら。。


見に行ったのが4月で、ちょっとハッタリかまして、「5月1日から入居可能です」と言ったら、「まだ改装工事が終わっていないので、6月から入居可能です。」と言われました。

今の住居を不動産屋が休暇から戻ってきてから解約するとしても、7月末まで家賃は払わないといけませんが、周旋料が無料なので、これがありがたい。普通1月分の家賃が周旋料としてとられるので、2ヶ月ぐらいダブってもいいと思いました。

というのは、夫は7月にもまた日本へ飛ぶ用事があるから、引越しの準備二時間かかるんです。



もし、ここがダメなら、翌日見に行ったところもよかったですが、ここより狭くて、家賃が100ユーロ近く高いので、ちょっと高すぎます。


画像


音楽大学の向かい、水路の反対側にある家で、1階部分は診療所、裏から見たところです。

2階バルコニーに絡まっているのはなに?

見に行ったときは葉がついていなかったので、わかりませんでした。

共有部分の家の中がもうお城みたいに豪華でしたよ。

ふかふかの絨毯が敷いてある階段、その階段の壁にかかっている絵やシャンデリア、天井も高いし、建物のつくりがしっかりして、お金かかってるな〜

住居の方はあんまり手入れされていませんでしたが、お風呂が明るくてよかった。あと窓がないゲスト用のトイレとシャワー室、これは私たちには必要ない。物置になりそうな部屋でした。

家の裏のバルコニーから家が見えたので尋ねたら、昔の馬車小屋で、馬も飼っていたとか。馬小屋にはみえない。日本の兎小屋より大きくて豪華です。


こんなとこに住めたらいいな〜


馬小屋じゃないよ(笑)


ポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←にほんブログ村



Yahoo!ブックマークに登録
記事へトラックバック / コメント


私が見た引越し物件、その7

2015/09/11 06:42
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので
クリックしていただけると、嬉しいです。 



←FC2ランキング


ここで紹介していない物件もありますが、友人がらの紹介でビール工場の隣も屋根裏部屋も見ましたね。

今住んでいる家と似た雰囲気でしたが、屋根裏部屋はやはり狭いし、窓が小さいので暗い、間取りも悪くて、物置代わりに屋根裏へ登るはしごもあったけど、これも使いにくいし、洗濯機は地下まで行かなくでもいいけど、怪談の途中にある小部屋に置けるようになっていました。安かったけど、狭いし使い勝手わるそうなので、すぐに断りました。


安いところはやなり問題アリですね。

同じく、友人からの紹介で、1800年台いやもっと古い?に建てられた、木組みのいかにもドイツ〜という家。

画像


フル
正面は写真スタジオ、住居の入口は横の道にある小さな扉からはいります。床は時代を感じさせる石畳。


きっと外の石畳より古いでしょう。自然石のまま。


だって、この家記念建造物ということで、あんまり手を入れられないんです。

数年前にこの前の通りを工事した時に、下から古い井戸の跡がでてきました。

その時の話で、以前この家はもっと大きくて、道路のために半分壊されたとか。ユダヤ人の家だったそうで、これもユダヤ式のお風呂?の跡とか調査が入ってました。


1階は写真スタジオなので、住居は2階です。

2階へ登る階段が、後から作られたものなので透けて下が見えるタイプ。

私、この手の階段苦手なんですよ。小さい頃、サーカスへ母が連れて行ってくれたですが、テントの中にあったこの下か見える階段が怖くて登れなくて泣きました。



母からも「せっかくサーカス見せようと思ったのに、二度とサーカス連れていかん!」と散々怒られて、動物小屋だけ覗いて帰りました。



あ、話が脱線しましたね。




ということで、苦手な階段を登ると、部屋の中にも段があって歩きにくい、台所狭いし、寝室には古い壁に作り付けのタンス、大きな洋服ダンス置けません。おまけに、水のメーターが2家族共同。これは賃貸すること許されないのでは、家の中も30年以上改装していないような古さ、その割には家賃が高い。もう全然だめでした。

いいのは、庭が使える、庭に一部に車がとめられることでしょうか。


せっかくの友人の紹介でしたが、お断りです。



次に見に行ったところ、ビール工場のある通り、ここらの家は似た雰囲気の家が多いですね。また屋根裏部屋(3χでした。


画像



若い夫婦と小さな女の子が住んでいました。とてもキレイに改装してありましたが、台所が狭く、台所通らないとバスルームへ行けないという不便さが難点。

ガスコンロが使えるというのはいいけど、台所が狭すぎて食器棚もおけそうにない。天井が斜めに低くなっています。あとの部屋は広くてよかったのに、台所とバスルークが狭い。

地下室の洗濯機置場、物置同然で洗濯物干せない。これも残念ですがお断りしました。



いままで見た中で一番気に入ったのは、図書館の隣の螺旋階段があるスタジオ、部屋の真ん中の螺旋階段がネックでしたが、もう一度、友人と一緒に見に行って、友人から、ダメだし。

このあと、少し予算を上げて物件を探しました。



ポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←にほんブログ村



Yahoo!ブックマークに登録

記事へトラックバック / コメント


私が見た引越し物件、その6

2015/09/09 21:36
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので
クリックしていただけると、嬉しいです。 



←FC2ランキング


引越しにはお金もかかりますから、引越し先を選ぶのに慎重にならざるえません。

ということで、2012年秋から物件みていますが、年を越して、2013年になってもまだ気に入った物件が見つかりませんでした。


昨年から申し込んでいた、物件の下見。
やっと不動産屋がカギを入手したということで、見に行ってきました。

近所のビール工場のお向かい。
広い前庭がある本館に隣接する、小さな一軒家風です。
見取り図など不動産屋からいただいていますが。。。
PDFファイルなのでちょっとここでご紹介できかねます。
現在、前の住人が出た後、全面改装中で、工事人が一人きていました。
床も壁紙、トイレも全て新しくしているところです。


画像



入口は階段数段上がったところで、他の家と別というのがいいです。
正面には天井まで備え付けの衣類かけもかねた収納家具。
左手にトイレ、右手が台所と居間の入り口です。

1階が台所と食堂に使える部屋で食堂部分が吹き抜けになっていて階段を半階のぼったら、居間が約20平米あります。
もう1階分上ったら、寝室、小部屋、風呂場、部屋の一部が斜めになっていますが充分な広さがあります。
収納階段を下ろしたら、屋根裏部屋に物置もあります。

窓が一杯あるので明るいし、吹き抜け部分、階段の部分があるので、空間の広がりも充分あります。

資料では、82平米と記載されていますが、ドイツの場合床面積と住居用面積はちがいます。
例えば、2メートル以上だと床面積を100パーセント住居用面積に数えますが、1〜2メートル未満は50パーセント。1メートル以下は計算にいれません。

ということで、82平米というのは住居面積なので、床面積としては100平米以上はあるでしょう。



家賃 450ユーロ、共益費が170ユーロ、これに暖房費、電気代など合わせたら800ユーロぐらいにはなるでしょう。車も入口違くに止められます。庭も前にはが共同で使えるそうです。
隣接する後ろの建物はマッサージサロンで、サウナもある。

悪くないので、ここにしたいのですが、他にも希望者がいるみたいなので、借りられるかどうかはまだわかりません。今月中に借りているところの賃貸解約しても3ヶ月前じゃないといけないので、入居できるとしても4月1日からと伝えました。





ポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←にほんブログ村



Yahoo!ブックマークに登録

記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ドイツ 「小京都」での 日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる