近視矯正、私が白内障手術を受けたわけ

 皆様のクリックのお陰です。ありがとうございます。
 
 にほんブログ村海外情報内の「ドイツ情報」で9位
   
  にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

   BLOG RANKINGの地域情報「海外」で34位です。
  
   人気ブログランキングへ


木曜日午後に眼科でレーザー治療を受けてきました。

という訳で、しばらくPCの画面から遠ざかっていました。
まだ目を酷使する長時間PCの作業ができないので、毎日少しずつその眼科検診のことをお伝えしていきたいと思います。


今回のレーザー治療は、後発白内障の治療のためでした。

まず最初に、どうして私が白内障の手術を受けることになったのか?詳しく説明すると長くなるので、簡単にご説明します。

私は強度近視で中学の頃からコンタクトレンズをすっと使用していました。強度近視の人は老視になるのも早いらしく、数年前からコンタクトを着けたまま近くの文字を読むのが段々困難になってきたので、3年半前に近視矯正手術のため矯正眼科を受診しました。

詳しい検査の結果、右目の水晶体が少し白濁しているので、白内障の手術を勧められました。水晶体を取った後に人口レンズを入れることで近視矯正ができるし、白内障の治療ということで健康保険の適用にもなる。と一石二鳥の説明。

もちろん、レーシックは自費ですから、健康保険で全額負担してもらって近視矯正ができるのならと、その場で白内障の手術を受けることに同意しました。

手術は片目づつ、1ヶ月間期間をおいて行われました。
2006年2月、3月のことでした。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 






目の病気にルテインが効く!—黄斑変性症・白内障・緑内障 臨床データ150名の改善報告
現代書林
葉山 隆一

ユーザレビュー:
こんなん信じるなよ。 ...
この本を使ってこの本 ...
人助けのお手伝いがで ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック